SSブログ

『狗牙絶ちの劔1 ―刀と鞘の物語―』舞阪洸 [富士見ファンタジア文庫]

居合いによって、怪物を退治する少女と出会った少年が主人公の話。この手の話としては、かなり、オーソドックスではあるが、雑誌連載だからか、割と、小さいエピソードを積み重ねていく感じである。というわけで、これからというところで終わっていたりするので、続きが気になる。現代を舞台にしているが、それなりにシリアスな展開になるようである。 
タグ:舞阪洸
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます