SSブログ

『氷結境界のエデン』細音啓 [富士見ファンタジア文庫]

巫女の護衛だった少年が色々な事情で追放されていたが、事件に巻き込まれて、また、巫女と会う話。非常にオーソドックスなファンタジーである。前作同様、設定はかなり凝っている。ラブコメ的な展開もありそうではあるが、今のところ、戦いがメインのようである。ほとんど導入で終わった感じであり、続きに期待したい。
タグ:細音啓
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます