So-net無料ブログ作成

『勇者と探偵のゲーム』大樹連司 [一迅社文庫]

ある特殊な都市で、勇者か、探偵が何かを倒したり、解決すると、日本の問題が解決することになっているというかなり捻った設定の話である。そこで、ある少女が事故死したところから物語は始まるのだが、設定が捻ってあるだけでなく、ストーリー自体も複雑で、かなりメタな話になっている。ある意味では良くある話であろうが、メタ小説であり、物語自体の意味が問われている。意外と、いろんなネタが入っているが、これ自体は、セカイ系的な設定に対する反論として解釈できるであろう。これで完結している。非常に読者を選びそうな話であるが、メタな話が好きな人には勧められるであろう。
タグ:大樹連司
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます