So-net無料ブログ作成

『龍盤七朝 ケルベロス 壱』古橋秀之 [メディアワークス文庫]

中華風のファンタジー。秋山瑞人とのシェアードワールド企画であるが、こちらは、電撃文庫ではなく、メディアワークス文庫の創刊ラインナップに入った。不死身の覇王が存在する世界で、ある三人が出会ったところで始まる話。基本的には武侠物的なフォーマットである。確かに、ライトノベルからはみ出る感じではあるが、この作者の作品としては、普通である。とりあえず、話は始まったばかりで、プロローグと言ったところであり、続きに期待したいが、すぐに読めるかどうかは、あまり期待しない方が良いかもしれない。

秋山瑞人のに比べると、闘いがメインで、かなり、殺伐とした話になっていて、雰囲気もかなり異なるが、どこかに接点はあるのだろうか。あちらも、一昨年に一巻が出たきりであるが、無事、続きは出るのだろうか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。