So-net無料ブログ作成

『楠木統十郎の災難な日々』南井大介 [電撃文庫]

高校生の少年が、気が付いたら死んでいて、生き返るために世界のバグを修正させられる話。割とありがちなタイプの話ではあるが、主人公は毒舌というか、強烈であり、主人公の仲間も幼馴染みではあるが、結構、癖があり、キャラクターはかなり立っている。これで完結しているが、続きも出せるだろう。ちょっと、癖のあるノリは、多少、好みは分かれそうだが、続きにも期待したい。 
タグ:南井大介
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。