SSブログ

『スクランブル・ウィザード』すえばしけん [HJ文庫]

ノベルジャパン大賞の大賞受賞作。魔法を使える魔法士の青年が、魔法士育成校へ教官として派遣され、そこにテロリストが襲撃してきてという話。ストーリーの構成も上手いが、細かい設定も練ってあり、完成度が高い。話はきっちりと完結しているが、続きもそれなりに期待出来そうである。大賞に相応しく、一気に読ませてしまう。ヒロインが実は12才くらいと言うのが特徴だが、さすがにラブコメと言った感じでもないが、続編が出れば、そういった話にもなるのかもしれない。


第二回のノベルジャパン大賞の受賞作は、今回で多分は全部読んでみたが、やはり、大賞の作品は出来は良い。他の賞と比べても、出来は良い方である。大賞以外のも、出来は割と良く、他の賞よりもレベルは高い方であろう。続きが出たら、是非買いたいと思うのは、『スクランブル・ウィザード』だが、他のも場合によっては買っても良いかなという所である。新しい賞でも、かなり質が高いけれど、理由はよく分からない。ただ、編集が頑張って、上手く修正させているのかもしれない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます