So-net無料ブログ作成

『誰が為にケモノは生きたいといった』榊一郎 [富士見ファンタジア文庫]

 別の世界に送られた主人公の少年は獣人の少女に救われて、手伝いをすることになるという話。オーソドックスなファンタジーだが、設定はかなり凝っている。なかなか面白い話ではあったが、3巻で完結しているが、終わり方はある意味、予定通りとはいえ、酷い。
タグ:榊一郎
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。